2019.8.25 11:30

米メディア、八村塁の華麗な動きは「カリーのように見えた」

米メディア、八村塁の華麗な動きは「カリーのように見えた」

日本-ドイツ 第2クオーター、攻め込む八村=さいたまスーパーアリーナ

日本-ドイツ 第2クオーター、攻め込む八村=さいたまスーパーアリーナ【拡大】

 バスケットボール男子・強化合宿(24日、さいたまスーパーアリーナ)W杯(31日開幕、中国)に出場する世界ランキング48位の日本は同22位のドイツに86-83で逆転勝ちした。スモールフォワード(SF)・八村塁(21)=ウィザーズ=が、両チーム最多の31得点に加えて5リバウンドと活躍し、最大12点差をはね返した。米プロバスケットボールNBAの選手が多く在籍する欧州の強豪国から金星を挙げ、W杯に弾みをつけた。

 ウィザーズの地元メディア「NBCスポーツ・ワシントン」(電子版)は24日(日本時間25日)、「八村はこの日行なわれた国際親善試合で引き続き圧巻のパフォーマンスを見せ31得点、5リバウンドで勝利に貢献した」と報じた。

 記事は第1クオーター(Q)序盤、相手のボールを奪った八村が背後のドリブルで一人を交わして、鮮やかなレイアップを決め日本の7点目をマークしたシュートに注目。2年連続MVP(最優秀選手)にも輝いたウォリアーズのスター、ステフィン・カリー(31)の名を挙げ、「彼(八村)はカリーのように見えた」と称賛した。

  • 4Q、得点に笑顔を見せる八村塁=24日、さいたまスーパーアリーナ(撮影・桐山弘太)
  • 2Q、シュートを放つ八村塁=24日、さいたまスーパーアリーナ(撮影・桐山弘太)
  • 第1クオーター、シュートを決める八村=さいたまスーパーアリーナ
  • フリースローセレモニーに臨んだ横綱白鵬(右)とハイタッチする八村塁=さいたまスーパーアリーナ(撮影・桐山弘太)
  • ドイツに勝利し、笑顔を見せる(右から)渡辺雄太、八村塁ら=さいたま市のさいたまスーパーアリーナ(撮影・福島範和)
  • ドイツに勝利し、ファンの声援に応える八村塁(右から2人目)、渡辺雄太(左端)ら=24日午後、さいたま市のさいたまスーパーアリーナ(撮影・福島範和)