2019.8.25 05:03(2/3ページ)

田中恒成、7回逆転KOでV2!七回逆転で甲子園沸かせた母校と同じ/BOX

田中恒成、7回逆転KOでV2!七回逆転で甲子園沸かせた母校と同じ/BOX

勝利した田中は祖父の遺影を手に観客の声援に応えた

勝利した田中は祖父の遺影を手に観客の声援に応えた【拡大】

 だが、7回、「母校のことを勝手に思い出した。行けたらいこうかな」とギアを上げると、ボディー攻撃で3度のダウンを奪い、決着をつけた。今夏の甲子園で初の4強入りを果たした母校・中京学院大中京が“ラッキー7”で見せたような逆転劇に「母校にあやかりました」とおどけた。

 ずっと応援してくれていた母方の祖父、水野高尋さんが先月、78歳で亡くなった。絶対に負けられなかった一戦。苦しみながらも快勝した。

 昨年9月に世界最速に並ぶ12戦目で3階級制覇を達成した王者は今後、何を目指すのか-。畑中清詞会長(52)は「フライ級は次の試合が最後。来年は4階級制覇を狙う」と青写真を描く。今年6月にWBO世界スーパーフライ級王座を獲得した井岡一翔(30)との対戦への期待も膨らむ。24歳の若き王者はさらなる高みへまだまだ進化を続ける。 (月僧正弥)

畑中ジム・畑中清詞会長「(苦戦の末に勝ち)サウスポーとやると、こういうことがある。余裕を持ってやっていたと思う」

田中の父でトレーナーの斉さん「(7回が始まる前に)いけという指示は出した。自信を持って打ち込めば、ああいう結果になることを本人が気づいたのでは」

ジョナサン・ゴンサレス「最初から手数を出して狙い通りに進んでいたが、田中のボディー攻撃は想定外で対応できなかった」

【続きを読む】

  • 7回、ゴンサレス(左)にパンチを浴びせる田中。逆転TKOで2度目の防衛に成功した(撮影・岩川晋也)
  • ジョナサン・ゴンサレスを7回TKOで下し、2度目の防衛に成功した田中恒成=武田テバオーシャンアリーナ
  • 7R、ダウンを奪う田中恒成=名古屋市武田テバオーシャンアリーナ(撮影・岩川晋也)
  • 7R、攻める田中恒成=名古屋市武田テバオーシャンアリーナ(撮影・岩川晋也)
  • 7R、攻める田中恒成=名古屋市武田テバオーシャンアリーナ(撮影・岩川晋也)