2019.8.20 15:43

中田監督、W杯で「これまでやってきた成果を出す」/バレー

中田監督、W杯で「これまでやってきた成果を出す」/バレー

左から岩坂名奈主将、横浜市の小林一美副市長、中田久美監督

左から岩坂名奈主将、横浜市の小林一美副市長、中田久美監督【拡大】

 バレーボール女子日本代表の中田久美監督(53)が20日、横浜市庁舎を表敬訪問し、小林一美副市長に9月14日に横浜アリーナで開幕するワールドカップ(W杯)をPRした。

 世界5大陸から男女各12チームが参加し、世界一を決める大会まで残り25日。中田監督は「東京五輪に向けて、これまでやってきた成果を出す」と意気込んだ。主将の岩坂名奈(29)=久光製薬=は「横浜の地からいいスタートが切れるように、メダルを目指して頑張る」と宣言した。世界ランク6位の日本は初戦で同10位のドミニカ共和国と対戦する。