2019.8.18 20:46

森、逆転での決勝進出「うれしいけど、信じられない」/スポーツクライミング

森、逆転での決勝進出「うれしいけど、信じられない」/スポーツクライミング

特集:
東京五輪
女子複合予選 リードの森秋彩=エスフォルタアリーナ八王子

女子複合予選 リードの森秋彩=エスフォルタアリーナ八王子【拡大】

 スポーツクライミングの世界選手権第7日は18日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で20人による女子複合の予選が行われ、野口啓代(TEAM au)が2位、森秋彩(茨城県連盟)が5位、伊藤ふたば(TEAM au)が6位、野中生萌(XFLAG)が8位で決勝に進んだ。

 女子リードで日本選手史上最年少の表彰台となる銅メダルを獲得した15歳の森が、逆転で複合決勝に進んだ。スピード18位、ボルダリング16位と最初の2種目は精彩を欠いたものの、最後のリードはただ一人の完登で1位。序盤であわや落下という場面がありながらも粘って決勝進出につなげた。「うれしいけど、信じられない」と驚きを隠さなかった。

 東京五輪代表入りが懸かる決勝については「野口さんが東京五輪で競技人生終わりと言っていたので、野口さんに出てもらいたい。自分は(次の)パリ五輪を狙っているので」と控えめに話して笑った。

  • 女子複合予選リードの森秋彩=エスフォルタアリーナ八王子
  • 女子複合予選リードの森秋彩=エスフォルタアリーナ八王子
  • 女子複合予選リードで唯一、課題を完登した森秋彩=エスフォルタアリーナ八王子
  • 女子複合予選スピードの野口啓代。右は森秋彩=エスフォルタアリーナ八王子