2019.8.17 05:03

八村びびった!神様ジョーダン氏から電話「今も思い出すと鳥肌が立つ」/NBA

八村びびった!神様ジョーダン氏から電話「今も思い出すと鳥肌が立つ」/NBA

来場したファンと自撮り棒を使って記念撮影する八村。その活躍を神様・ジョーダン氏も注目している (撮影・大橋純人)

来場したファンと自撮り棒を使って記念撮影する八村。その活躍を神様・ジョーダン氏も注目している (撮影・大橋純人)【拡大】

 バスケットボール男子日本代表で、米プロバスケットボールNBAのドラフト会議でウィザーズに1巡目指名された八村塁(21)が16日、東京都内で契約するスポーツ用品大手ナイキ社のトークショーに出席。同社が展開する「ジョーダン・ブランド」と契約する際、NBAの元スーパースター、マイケル・ジョーダン氏(56)に電話で“激励”を受けたことを明かした。

 若者でにぎわう原宿に八村が姿を見せると、スマートフォンのシャッター音が一斉に鳴り出した。ナイキ原宿で約170人のファンと交流。NBAの元スーパースターで、得点王10度に輝いたマイケル・ジョーダン氏との秘話を披露した。

 「今もジョーダンから電話がきたことを思い出すと鳥肌が立つ」

 6月のNBAドラフト会議前のこと。ジョーダン氏の名を冠してナイキ社が展開する「ジョーダン・ブランド」と契約を結ぶため、八村は米国本社で打ち合わせ中、社員から通話中の携帯電話を渡された。画面に表示されていたのは「MJ」の文字。「MJって誰だ!? あのMJか!?」。耳を傾けると「ウエルカム・トゥ・ジョーダン・ファミリー」と“神様”の声が聞こえてきた。

 サプライズに慌てふためいた八村は「サンキューしか言えなかった」。ジョーダン氏からゴンザガ大でのプレーを見ていたと伝えられ「うれしかった」と振り返る。

 宮城・明成高時代の2015年4月、ジョーダン氏が始めた高校年代の育成プログラム「ジョーダン・クラシック」に参加。世界選抜に選ばれ、今年のドラフト会場だったニューヨーク市のバークレイズ・センターで憧れの人と対面した。それがNBAを目指すきっかけとなる。ジョーダン氏は現役最後の2シーズンをウィザーズで過ごすなど、八村とはなにかと縁がある。

 この日の質問コーナーで八村は「どれだけ楽しめるかが、バスケで上にいけるかにつながる」と答えた。“神様”は31日開幕のW杯中国大会も見ているはず。それを励みに日本を引っ張る。 (石井文敏)

  • ナイキ社のトークショーに出席した、バスケットボール男子日本代表の八村=16日、東京都渋谷区
  • 八村とジョーダンの比較