2019.8.15 10:18

大坂なおみ、初戦突破も反省「話にならないミスが多かった」

大坂なおみ、初戦突破も反省「話にならないミスが多かった」

特集:
大坂なおみ
女子シングルス2回戦 アリャクサンドラ・サスノビッチと対戦する大坂なおみ=シンシナティ(共同)

女子シングルス2回戦 アリャクサンドラ・サスノビッチと対戦する大坂なおみ=シンシナティ(共同)【拡大】

 テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは14日、米シンシナティで行われ、女子シングルス2回戦で第2シードの大坂なおみ(日清食品)は7-6、2-6、6-2でアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)を下した。

 12日付の世界ランキングで1位に復帰した大坂は相手のショットミスにも助けられて、フルセット勝ちで初戦突破。「笑っちゃうような、話にならないミスが多かった」と反省した。

 3回戦で戦う謝淑薇とは、今年に入って4度目の対戦となる。通算で3勝1敗と勝ち越してはいるが「彼女のプレーは予測できない。強打で来るのか、ドロップショットなのか分からない」と警戒を強めた。(共同)

  • 女子シングルス2回戦アリャクサンドラ・サスノビッチと対戦する大坂なおみ=シンシナティ(共同)