2019.8.15 22:23

ボルダリングとの2冠目指した楢崎智、リードは4位/スポーツクライミング

ボルダリングとの2冠目指した楢崎智、リードは4位/スポーツクライミング

特集:
東京五輪
男子リード決勝 4位に入った楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子

男子リード決勝 4位に入った楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子【拡大】

 スポーツクライミング・世界選手権第5日(15日、エスフォルタアリーナ八王子)2020年東京五輪の出場権が懸かる大会。男子リード決勝が行われ、ボルダリングとの2冠を目指した楢崎智亜(ともあ、23)=TEAM au=は4位だった。

 今大会ではボルダリング、リード、スピードの各種目別が行われる。3種目合計の上位20人は、東京五輪種目となる複合の予選へ。7位以内の日本勢最上位は五輪代表に決まる。

 五輪切符獲得へさらに前進した第一人者は「大きなミスがなく、(切符が懸かる)コンバインド(複合)に向けて安心できる」と息をついた。

 12日から4日連続の試合で、かなり疲労が蓄積しているという。16日は休養日。温泉に行って疲れを取る考えを示した。