2019.8.15 18:48

日本協会、仏と協定 クライミングで相互協力

日本協会、仏と協定 クライミングで相互協力

 日本山岳・スポーツクライミング協会は15日、フランス連盟と相互協力に向けての協定を締結した。選手の合同合宿や職員の交流などを通じ、両国の競技力向上や競技の発展につなげる狙い。

 来年の東京五輪で初採用されるスポーツクライミングは、2024年パリ五輪でも実施される。東京都八王子市で開かれた記者会見で日本協会の平山ユージ副会長は「東京(五輪)の経験をパリにつなげていきたい」と話した。