2019.8.15 05:01

楢崎智、日本勢で唯一2完登し好調「余裕」/スポーツクライミング

楢崎智、日本勢で唯一2完登し好調「余裕」/スポーツクライミング

男子リード予選、準決勝進出を決めた楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子

男子リード予選、準決勝進出を決めた楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子【拡大】

 スポーツクライミング・世界選手権第4日(14日、エスフォルタアリーナ八王子)2020年東京五輪の出場権が懸かる大会。到達した高さを競うリードの予選が行われ、男子はボルダリングを制した楢崎智亜(ともあ、23)=TEAM au=が全体1位、女子は森秋彩(あい、15)=茨城県連盟=が同2位で上位26人による準決勝に進んだ。15日に準決勝と決勝が行われる。

 前日に男子ボルダリングを制した楢崎智が外国勢2人とともに予選1位で準決勝に進んだ。2ルートで、日本勢ではただ一人2完登。朝から腹部に筋肉痛があったというが「めちゃくちゃ余裕に感じた」と好調さをにじませた。最初のルートでは、他の選手が力尽きた中盤の長い斜面を素早いテンポで攻略。指の皮の消耗回避や体力温存にも成功し、「この後休めるので最高」と明るい表情で15日に備えた。

  • 男子リード予選、準決勝進出を決めた楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子