2019.8.14 05:03(2/3ページ)

楢崎「金」!ボルダリングでただ一人完登/スポーツクライミング

楢崎「金」!ボルダリングでただ一人完登/スポーツクライミング

特集:
東京五輪
スポーツクライミング・世界選手権 男子ボルダリング決勝上位成績

スポーツクライミング・世界選手権 男子ボルダリング決勝上位成績【拡大】

 今大会はボルダリング、リード、スピードの各種目別が行われる。3種目合計の上位20人は、東京五輪種目である複合の予選へ。決勝で7位以内の日本勢最上位が、五輪代表に決まる。「めちゃくちゃ気楽になりました」。切符獲得へ前進し、舌も滑らかだった。

 持ち前の身体能力の高さに甘んじず、人一倍頭をひねる。ともに練習し、兄弟での五輪出場を目指す3歳下の弟・明智(20)は兄の強さをこう分析する。「フィジカルも持っているのに、誰よりも細かいテクニックを使っている」。この日のファイナリストのうち、他の5人は4課題で一つも完登できず。睡眠時間を削って競技に向き合った時間が形となった。

 初の日本開催となった世界選手権。その表彰台で君が代を聞いた。「感触はかなり良いですね」。イメージを大切にする第一人者にとって、来夏の祭典へ上々のシミュレーションとなった。 (鈴木智紘)

★スポーツクライミング東京五輪への道

 参加人数は男女各20人で、出場枠は各国・地域で男女それぞれ最大2人まで。指定大会を勝ち抜いた選手に参加資格が与えられ、今大会はその一つ。複合7位以内が資格を獲得し、日本はそのうち最上位が代表に内定する。日本には開催国枠が男女1枠ずつ与えられており、11-12月の五輪予選(フランス)を含む指定大会で参加資格獲得者が男女で1人以下にとどまった場合に、開催国枠を使う。

【続きを読む】

  • 課題をクリアし、歓喜の楢崎智亜。2大会ぶりの金メダルで、五輪切符獲得へ好スタートを切った(撮影・川口良介)
  • スポーツクライミングの世界選手権男子ボルダリング決勝で、第3課題を完登し雄たけびを上げる楢崎智亜。2大会ぶり2度目の優勝を果たした=東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子
  • 男子ボルダリングで優勝し表彰式で笑顔の楢崎智亜。左は2位のヤコブ・シューベルト、右は3位のヤニック・フロヘ=エスフォルタアリーナ八王子