2019.8.9 10:00(1/4ページ)

【サンスポ×日体大】綱登りで磨いた肉体、藤原流“金”トレ

【サンスポ×日体大】

綱登りで磨いた肉体、藤原流“金”トレ

特集:
サンスポ×日体大
綱登りをする藤原。強靱な肉体を作る原点だ(撮影・塩浦孝明)

綱登りをする藤原。強靱な肉体を作る原点だ(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、9日で350日。出身大学別で最多62人の夏季五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第18回は、柔道の世界選手権(25日-9月1日、日本武道館)男子81キロ級代表、藤原崇太郎(21)=スポーツ文化学部武道教育学科3年=を特集する。ボディービルダーに憧れる柔道家が目指す“金メダルボディー”とは-。 (取材構成・石井文敏)

 鍛え抜かれた肉体を武器に、次々と相手を畳に沈める。日体大の東京・世田谷キャンパスの柔道場。藤原は午後5時半に始まった稽古で、なりふり構わず汗を流した。

 「去年と比較すると、精神的、体力的、技術面においても一回りも二回りも成長している。そこは自信を持っている」

 肩で息をするほど追い込んだ約2時間の稽古後、藤原は山本洋祐部長(59)と居残りで日課の打ち込みを行う。技の切れ味を鋭くし、攻撃の幅を広げるため、体落としなどの習得に励む。66キロ級世界王者の阿部一二三(ひふみ、4年)も指導する山本部長が「藤原は稽古、フィジカルトレーニング、朝トレもしっかりやる」と評価するほどの練習量を誇る。

 2016年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得後、けがに泣いた永瀬貴規(25)=旭化成=にかわって、藤原が彗星(すいせい)のごとく現れた。最大の武器は鋼の肉体から繰り出す技だ。「和製ドリアン・イエーツになりたい」と、世界的に有名な英国出身のプロボディービルダーを崇拝するほどの筋肉好き。畳を離れた時間も、筋量を上げるために己と向き合う。

【続きを読む】

  • 藤原は鏡の前でポーズをとった。日本柔道のホープが世界王者を狙う(撮影・塩浦孝明)
  • 藤原は盛り上がった背中の筋肉で、フェルトペンを挟むことができる
  • 猛練習で知られる日体大柔道部。藤原(左)は一心不乱に稽古に打ち込んだ
  • 2004アテネ五輪、柔道男子60キロ級で優勝した野村忠宏=ギリシャ・アテネのアノリオシアホール(撮影・奈須稔)
  • 藤原のモラエイ戦全成績