2019.8.9 05:01

阿部詩、母校・夙川高で総仕上げ 1階級上の芳田と乱取り/柔道

阿部詩、母校・夙川高で総仕上げ 1階級上の芳田と乱取り/柔道

52キロ級の阿部詩=8日、東京都内(撮影・石井文敏)

52キロ級の阿部詩=8日、東京都内(撮影・石井文敏)【拡大】

 柔道の世界選手権女子52キロ級代表、阿部詩(うた、19)=日体大=が、13日から5日間、母校の兵庫・夙川高(昨年度まで夙川学院高)で“追い込み合宿”を行うことが8日、分かった。

 東京・北区のナショナルトレーニングセンターでの強化合宿に参加した世界女王は、2020年東京五輪と同じ日本武道館で開催される“前哨戦”での大会2連覇に向けて「あとは気持ちの調整ができるところでやろうと思った」と狙いを語った。

 公開されたこの日の練習では寝技の確認をはじめ、1階級上の57キロ級世界女王の芳田司(23)=コマツ=と乱取りを行うなど約2時間、精力的に汗を流した。「目の前の試合を全力で闘って優勝を目指す」と約3週間後の大一番を見据え、母校で総仕上げする。 (石井文敏)

  • 強化合宿で調整する阿部詩=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター