2019.8.6 21:03

出口が400障害連覇、女子は津川V 中村学園女が剣道団体4連覇/高校総体

出口が400障害連覇、女子は津川V 中村学園女が剣道団体4連覇/高校総体

男子400メートル障害 50秒57で連覇を達成し、ガッツポーズの東福岡・出口晴翔=タピック県総ひやごんスタジアム

男子400メートル障害 50秒57で連覇を達成し、ガッツポーズの東福岡・出口晴翔=タピック県総ひやごんスタジアム【拡大】

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第11日は6日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで5競技が行われ、陸上400メートル障害の男子は出口晴翔(東福岡)が50秒57で2連覇した。女子は津川瑠衣(東京・八王子学園八王子)が58秒14で制した。

 女子走り幅跳びは北田莉亜イルマ澄江(大阪・摂津)が6メートル11で優勝した。

 剣道団体で男子は九州学院(熊本)が2年連続8度目の優勝。女子は中村学園女(福岡)が4連覇を達成した。個人は男子が池田龍ノ介(福岡大大濠)女子は柿元冴月(茨城・守谷)が勝った。

 新体操の個人で女子は6月のアジア選手権代表の山田愛乃(千葉・クラーク)が32・500点で、男子は森谷祐夢(東京・国士舘)が33・950点で制した。ハンドボールは女子で昨年3位の明光学園(福岡)などが準々決勝に進んだ。

 ソフトボールは悪天候のため競技が中止された。

  • 女子400メートル障害で優勝しポーズをとる八王子学園八王子・津川瑠衣=タピック県総ひやごんスタジアム
  • 女子400メートル障害で優勝し、トロフィーや賞状を手に笑顔の八王子学園八王子・津川瑠衣=タピック県総ひやごんスタジアム
  • 女子400メートル障害決勝58秒14で優勝した八王子学園八王子・津川瑠衣=タピック県総ひやごんスタジアム
  • 女子400メートル障害決勝58分14秒で優勝した八王子学園八王子・津川瑠衣=タピック県総ひやごんスタジアム
  • 女子走り幅跳びで優勝し、トロフィーや賞状を手に笑顔を見せる摂津・北田莉亜イルマ澄江=タピック県総ひやごんスタジアム
  • 女子走り幅跳び決勝6メートル11で優勝した摂津・北田莉亜イルマ澄江=タピック県総ひやごんスタジアム