2019.8.5 20:42

洛南・藤原、強引修正で8メートル到達「今できることをしたらこうなった」/高校総体

洛南・藤原、強引修正で8メートル到達「今できることをしたらこうなった」/高校総体

男子走り幅跳びで8メートル12の高校新記録をマークし、ポーズをとる洛南・藤原孝輝=タピック県総ひやごんスタジアム

男子走り幅跳びで8メートル12の高校新記録をマークし、ポーズをとる洛南・藤原孝輝=タピック県総ひやごんスタジアム【拡大】

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第10日は5日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで6競技が行われ、陸上男子走り幅跳びは2年生の藤原孝輝(京都・洛南)が8メートル12の高校新記録で優勝した。

 藤原は自己ベストを50センチ以上も更新して高校新記録を樹立。「うれしさと驚きだけ。他のことは頭からどこかにいってしまった」と目を丸くした。

 1回目は「リズムが全然(普段と)違った」と6メートル台に沈んだ。「強引にでも修正しないと」と3回目から助走のスタート位置を2メートルほど前にしたのが奏功。4回目に大会新の7メートル82、観客に手拍子を求めた最終6回目は8メートル12を跳び「今できることをしたらこうなった」とほほえんだ。

 110メートル障害でも優勝候補に挙がる。「2種目をやって、お互いをいいように刺激し合っている」と相乗効果を語った。

  • 男子走り幅跳び決勝8メートル12の高校新記録で優勝した洛南・藤原孝輝=タピック県総ひやごんスタジアム