2019.7.29 11:18

クビアト、トロロッソに11年ぶり表彰台もたらす「天にも昇る気持ち」/ドイツGP

クビアト、トロロッソに11年ぶり表彰台もたらす「天にも昇る気持ち」/ドイツGP

3位表彰台で雄叫びをあげるトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト

3位表彰台で雄叫びをあげるトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト【拡大】

 F1世界選手権第11戦ドイツGP決勝(28日、ホッケンハイムリンク=1周4・574キロ×64周)トロロッソ・ホンダ勢はダニール・クビアト(25)=ロシア=が今季初の表彰台となる3位に入り、アレクサンダー・アルボン(23)=タイ=が6位とダブル入賞を飾った。

 2008年イタリアGP以来、トロロッソに11年ぶりの表彰台をもたらしたクビアトは、「再び表彰台に上れるなんて信じられない。もうこんなことは人生で二度と起こらないと思っていたから天にも昇る気持ち」と16年中国GP以来、自身にとって3年ぶりの3位をかみしめた。

 17年シーズン途中でトロロッソを解雇され、昨年は“浪人”生活を送った。今季は再びF1シートをつかみ、最高の結果を残した。「今年は成熟したと思う。より冷静でいられるし、トップで戦う準備もできている」とさらなる飛躍を誓っていた。