2019.7.26 12:18

23歳ボクサーが死去 試合中に脳を負傷/BOX

23歳ボクサーが死去 試合中に脳を負傷/BOX

 世界ボクシング評議会(WBC)は25日、23歳のウーゴ・サンティラン(アルゼンチン)が試合中の負傷により死去したと発表した。USAトゥデー紙(電子版)によると、20日にブエノスアイレスで行われた10回戦の後に病院へ搬送され、脳の手術を受けたが助からなかった。

 ボクシングでは、23日にも国際ボクシング連盟(IBF)の世界王座挑戦者決定戦で敗れた選手が、脳の負傷により死去している。(共同)