2019.7.25 05:03(1/2ページ)

タカマツ、五輪連覇「成し遂げたい」 “前哨戦”本番会場で圧勝発進/バドミントン

タカマツ、五輪連覇「成し遂げたい」 “前哨戦”本番会場で圧勝発進/バドミントン

特集:
東京五輪
高橋礼(下)と松友組が完勝。コートに映る影からも、タカマツペアの躍動感が伝わる

高橋礼(下)と松友組が完勝。コートに映る影からも、タカマツペアの躍動感が伝わる【拡大】

 バドミントン・ジャパン・オープン第2日(24日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)2020年東京五輪のテスト大会。各種目の1回戦が行われ、女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華(29)、松友美佐紀(27)=日本ユニシス=組はイングランドのペアを2-0で下し、2回戦に進んだ。世界ランキング1位の福島由紀(26)、広田彩花(24)=アメリカンベイプ岐阜=組も順当に勝った。女子シングルスで前週のインドネシア・オープンを制した山口茜(22)=再春館製薬所=はロシア選手を2-0で退けた。

 長いラリーの末、松友のショットが相手コートに落ち、勝負あり。開幕までちょうど1年に迫った東京五輪の本番会場で、2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼と松友のタカマツペアが実力を示した。

 五輪の“前哨戦”で好発進した高橋礼は「会場の雰囲気や風(向き)をつかめた。相手のスペースを見つけて戦えたかな」とうなずいた。

 2人は、2位に終わった前週のインドネシア・オープンの期間中に体調不良に見舞われ、この日も万全ではなかった。それでも集中力を保ち、レシーブを軸に相手の隙をついた。第1ゲームで松友が7連続ポイントを挙げるなど両ゲームともに21-13。わずか38分でストレート勝ちした。

【続きを読む】

  • 女子ダブルス1回戦イングランドのペアに勝利しタッチを交わす高橋礼(右)、松友組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦イングランドのペアと対戦する高橋礼(下)、松友組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦イングランドのペアと対戦する高橋礼(奥)、松友組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦イングランドのペアと対戦する高橋礼(右)、松友組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦ロシアのペアと対戦する福島(手前)、広田組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦ロシアのペアと対戦する福島(左)、広田組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦ロシアのペアと対戦する福島(右)、広田組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子ダブルス1回戦ロシアのペアと対戦する福島(奥)、広田組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦ロシア選手と対戦する山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦ロシア選手と対戦する山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦ロシア選手と対戦する山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 女子シングルス1回戦ロシア選手と対戦する山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ