2019.7.24 10:18

28歳ボクサーが試合後に死去 ESPNが報じる/BOX

28歳ボクサーが試合後に死去 ESPNが報じる/BOX

 19日に米メリーランド州で行われた国際ボクシング連盟(IBF)スーパーライト級世界王座の挑戦者決定戦でTKO負けしたマキシム・ダダシェフ(ロシア)が23日、脳の負傷で死去したとスポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。28歳だった。試合後に緊急手術を受けたが、回復しなかった。(共同)