2019.7.17 16:25

防衛失敗のブラント、村田との3度目の対戦を希望か…米記者伝える/BOX

防衛失敗のブラント、村田との3度目の対戦を希望か…米記者伝える/BOX

終了後、お互いを称え合う村田諒太とロブ・ブラント=エディオンアリーナ大阪(撮影・山田喜貴)

終了後、お互いを称え合う村田諒太とロブ・ブラント=エディオンアリーナ大阪(撮影・山田喜貴)【拡大】

 12日に大阪で行われたプロボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチで、挑戦者の村田諒太(33)=帝拳=に2回2分34秒TKOで敗れ、ベルトを失った前王者のロブ・ブラント(28)=米国=が、村田と3度目の対戦に動き出す方針であると、米スポーツ専門局ESPN(電子版)のスティーブ・キム記者が16日(日本時間17日)が明かした。

 同記者がこの日、自身のツイッターに「ロブ・ブラントのプロモーター、グレッグ・コーエン氏がは、村田諒太と再戦のオプションがあることを明かし、彼らはそれを行使する計画である」と投稿。

 ブラントは昨年10月ラスベガスで行われた同タイトルマッチで村田と初対戦し判定勝ちを収め王者となったが、2度目の防衛戦となった今回の村田との試合で王座から陥落。試合後ブラントは、「彼がやるべき宿題をしっかりとやってきたという印象。今回のミスを払拭するためにも、3回目(の対戦)があってもいい」とコメントしていた。

  • 2R、ブラントの顔面を捕らえる村田諒太(右)=エディオンアリーナ大阪(撮影・甘利慈)
  • 2R、ブラントからダウンを奪う村田諒太(右)=エディオンアリーナ大阪(撮影・甘利慈)