2019.7.15 06:00

ジョコビッチ、フェデラーとの激闘制し連覇! 5度目のV、5時間の大熱戦/ウィンブルドン

ジョコビッチ、フェデラーとの激闘制し連覇! 5度目のV、5時間の大熱戦/ウィンブルドン

特集:
全英オープン
男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーを破り、カップを掲げるノバク・ジョコビッチ=オールイングランド・クラブ(ロイター)

男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーを破り、カップを掲げるノバク・ジョコビッチ=オールイングランド・クラブ(ロイター)【拡大】

 テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に7-6、1-6、7-6、4-6、13-12で勝ち、2年連続5度目の優勝を果たした。

 32歳のジョコビッチは四大大会で今年の全豪オープンに続く通算16個目のタイトルとなり、優勝賞金235万ポンド(約3億2000万円)を獲得した。試合時間は4時間57分で同種目決勝の最長記録。

 37歳のフェデラーは女子のマルチナ・ナブラチロワ(米国)に並ぶ最多9度目の優勝とオープン化以降の四大大会最年長制覇はならなかった。

 ウィンブルドンは今年から最終セットで12-12となった場合に7点先取のタイブレークが導入され、シングルスでは決勝で初めて適用された。(共同)

ノバク・ジョコビッチの話「精神力が最も必要とされる試合だったのではないか。3度のタイブレークが全て最高のゲームだった。最も興奮した決勝の一つ。歴史に残る選手とこんな試合をできて誇りに思う」

試合結果へ

  • 男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチに敗れ、準優勝に終わったロジャー・フェデラー=オールイングランド・クラブ(ロイター)
  • 男子シングルス決勝ロジャー・フェデラーと対戦するノバク・ジョコビッチ=ウィンブルドン(共同)
  • 男子シングルス決勝ノバク・ジョコビッチと対戦するロジャー・フェデラー=ウィンブルドン(共同)