2019.7.15 20:35

逸ノ城、一方的に白鵬破る「今場所一番の相撲だった」/名古屋場所

逸ノ城、一方的に白鵬破る「今場所一番の相撲だった」/名古屋場所

特集:
白鵬
支度部屋で笑顔の逸ノ城=ドルフィンズアリーナ(撮影・榎本雅弘)

支度部屋で笑顔の逸ノ城=ドルフィンズアリーナ(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 大相撲名古屋場所9日目(15日、ドルフィンズアリーナ)逸ノ城が一方的な内容で白鵬を破り、8個目の金星を挙げた。左上手と右前まわしを取り「もう出るしかなかった」と前進し、寄り切り。「今場所一番の相撲だった」と高揚感を漂わせた。

 今場所と同じ西前頭4枚目だった今年の春場所では14勝1敗と優勝争いを繰り広げたが、横綱戦はなかった。今回は大関陣の休場が重なり、機会が回ってきた。「いろんなことを考えずに(当たって前に出るという)一つのことだけを考えた」と明かす。10日目は全勝の鶴竜戦で「今日みたいに前に出るだけです」と不敵な笑みを浮かべた。

9日目結果へ10日目取組へ

  • 白鵬を寄り切りで破った逸ノ城=ドルフィンズアリーナ(撮影・榎本雅弘)