2019.7.14 05:04(1/3ページ)

寺内・坂井組、東京五輪日本代表1号!8位以内確定で7位/飛び込み

寺内・坂井組、東京五輪日本代表1号!8位以内確定で7位/飛び込み

代表第1号はオレたちだ! 男子シンクロ板飛び込みの寺内(下)と坂井組が東京五輪代表に決まった(共同)

代表第1号はオレたちだ! 男子シンクロ板飛び込みの寺内(下)と坂井組が東京五輪代表に決まった(共同)【拡大】

 水泳・世界選手権第2日(13日、韓国・光州)男子シンクロ板飛び込み決勝で、予選を2位通過した寺内健(38)、坂井丞(26)=ミキハウス=組が389・43点の7位となり、全競技を通じて日本勢で第1号の東京五輪代表に決まった。日本はシンクロ種目で五輪開催国として出場枠を得ており、日本水連は今大会の8位以内に入ったペアを五輪代表にすると定めていた。寺内は、馬術の杉谷泰造(43)=杉谷乗馬ク=に並んで日本選手で夏季最多の6度目、坂井は2度目の五輪出場を決めた。

 息を合わせ、悲願の東京五輪に向かってダイブした。日本勢の東京五輪代表第1号は、38歳の寺内と12歳下の26歳、坂井だ。午前中に行われた予選を2位で通過。決勝で難度を上げてきた海外勢が得点を伸ばしたが、7位に踏みとどまった。8位以内との日本水連の選考基準を満たした。

 「苦しい戦いにはなったが、五輪代表内定を取れたことは自分たち、チームにとっていいこと」

 夏季の日本選手最多に並ぶ6度目の五輪切符を手にした飛び込み界のレジェンド、寺内はほっとした表情でギリギリの戦いを振り返った。

 平易な技しかできない最初の2回で上位につけ、難しい技を選べる3回目以降は耐えた。9位と僅差の8位で迎えた最終6回目、息の合った演技で75・33点をマークして逃げ切った。坂井は「後半は各国が難易度を上げてくるのも分かっていたので、つらかった。でも、やっとスタートラインに立てたので、うれしい」と歓喜した。

【続きを読む】

  • 寺内(左)と坂井組は大きなミスなく7位に入った(共同、連続写真)
  • 寺内(右)と坂井は肩を組んで日の丸を掲げた。次は東京五輪でメダル獲得を目指す(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込みで7位に入った寺内健(左)、坂井丞組。全競技を通じて東京五輪日本代表第1号となった=韓国・光州(共同)
  • 飛び込み・男子シンクロ板飛び込み決勝上位成績
  • 男子シンクロ板飛び込み決勝寺内(下)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み決勝寺内(左)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み予選寺内(右)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み予選寺内(手前)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み予選寺内(下)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み予選寺内(下)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み予選寺内(左)、坂井組の演技=光州(共同)
  • 男子シンクロ板飛び込み予選寺内(左)、坂井組の演技=光州(共同)