2019.7.14 05:02

日の丸女子エースの証明!乾、ソロTRで銅/アーティス

日の丸女子エースの証明!乾、ソロTRで銅/アーティス

ソロ・テクニカルルーティンで3位となり、表彰式で歓声に応える乾友紀子=光州(共同)

ソロ・テクニカルルーティンで3位となり、表彰式で歓声に応える乾友紀子=光州(共同)【拡大】

 水泳・世界選手権第2日(13日、韓国・光州)アーティスティックスイミング(AS)の非五輪種目、ソロ・テクニカルルーティン(TR)決勝で、乾友紀子(28)=井村ク=が92・3084点の3位となり、この種目の日本勢では2007年の原田早穂以来となる表彰台に立った。ASの混合デュエット・テクニカルルーティン(TR)予選で安部篤史(36)、足立夢実(30)=楓心舘ク=組は88・2948点の3位となった。

 ソロでは4度目の挑戦となった世界選手権で、悲願の銅メダル。表彰台に立った乾は笑みを浮かべた。

 「スペイン(の選手)に勝ちたかったので悔しいけど、私は一歩ずつのぼらないといけないんだと感じた。まだ上を目指せる」

 予選を3位で通過。12人で争う決勝では9番目で登場し、美しい足技と高さで観客を魅了した。ソロでのメダルは自身初、日本勢では2007年メルボルン大会の原田早穂以来12年ぶりの快挙となった。

 井村雅代ヘッドコーチ(68)は「もう少し違う色が欲しかった。フリーで仕返ししてもらう」と厳しい言葉をかけたが、喜びがにじんだ。ソロでのメダル獲得は、今大会の「マーメイドジャパン」に勢いをつける。「東京五輪のために、他の種目でもここで結果を出す」。乾の戦いが幕を開けた。

■乾 友紀子(いぬい・ゆきこ)

 1990(平成2)年12月4日生まれ、28歳。滋賀・近江八幡市出身。2008年世界ジュニア選手権デュエット2位、チーム3位。09年日本選手権デュエット優勝。五輪は12年ロンドン大会でデュエット、チームともに5位、16年リオデジャネイロ大会でデュエット、チームともに銅。世界選手権は銅通算6個。井村シンクロクラブ所属。170センチ、53キロ。

  • ソロ・テクニカルルーティン決勝の演技を終え、歓声に応える乾友紀子。奥は井村雅代ヘッドコーチ=光州(共同)
  • ソロ・テクニカルルーティンで3位となり、銅メダルを手に笑顔の乾友紀子=光州(共同)
  • ソロ・テクニカルルーティンで3位となり、笑顔で手を振る乾友紀子=光州(共同)
  • アーティスティックスイミング・日本のソロでのメダル獲得者
  • ソロ・テクニカルルーティン決勝演技する乾友紀子=光州(共同)