2019.7.14 20:40

御嶽海、3連勝で2敗守る 豪栄道と栃ノ心休場で「一門背負う」/名古屋場所

御嶽海、3連勝で2敗守る 豪栄道と栃ノ心休場で「一門背負う」/名古屋場所

逸ノ城を押し出しで下した御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・榎本雅弘)

逸ノ城を押し出しで下した御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 大相撲名古屋場所8日目(14日、ドルフィンズアリーナ)両横綱が8連勝で勝ち越した。白鵬は正代を引き落とし、自身の最多記録を更新する48度目のストレート勝ち越し。鶴竜は大栄翔をはたき込んだ。

 御嶽海は巨漢の逸ノ城を押し出し、3連勝で2敗を守った。同じ出羽海一門の大関、豪栄道と栃ノ心が休場し、出場力士では一門で最高位に。「一門を背負いながらいきたいし、盛り上げていけたら」と強い覚悟を示した。

 立ち合いが合わず、3度目で成立。張り手を受けて左上手を許したが、ひるまず前へ出た。それでも「自分で攻めてないから駄目ですね」と納得はしていない。後半戦へ向け「今までをリセットして、もう一回体をつくっていきたい。自分の相撲を取りきること」と引き締めた。

中日結果へ9日目取組へ