2019.7.14 05:00

【藤島親方のこの一番】白鵬には一時の圧力がない

【藤島親方のこの一番】

白鵬には一時の圧力がない

特集:
白鵬

 大相撲名古屋場所7日目(13日、ドルフィンズアリーナ、観衆=7629)白鵬は勝つには勝ったが、大栄翔にだいぶてこずった。立ち合い左から張ったが右をさせず、つかまえられないまま何度もはたきにいった。最後ははたき込んだが、アップアップだった。

 6日目の碧山戦もそうだったが、白鵬には一時の圧力が確実になくなっている感じもする。対戦相手にすればそんなに慌てて出る必要もなく、おっつけたり、突っ張ったりと見ながら押していくべきだろう。しかし、染みついたかつてのイメージはそう簡単には拭えないのか、いかなきゃいかなきゃと出ている。

 白鵬としては本当は相手が出てこない方が嫌だろう。そういうふうに見せないところもテクニックかもしれないが、他の力士たちもそろそろ見方を変えた方がよさそうだ。(元大関武双山)

7日目結果へ中日取組へ