2019.7.14 05:01

拳四朗、京口と対戦約束 WBC世界ライトフライ級V6直後に/BOX

拳四朗、京口と対戦約束 WBC世界ライトフライ級V6直後に/BOX

世界戦の一夜明け。会見後にポーズをとる拳四朗

世界戦の一夜明け。会見後にポーズをとる拳四朗【拡大】

 拳四朗は、12日の試合直後にWBA同級王者の京口紘人(25)=ワタナベ=と対戦の約束をしたことを明かした。京口が拳四朗の控室を訪問して勝利の祝福をした上で、「(京口に)『いずれやろうね』と言われた」。拳四朗も「強い相手とどんどんやって、成長していきたい」と前向きだ。

 試合後はLINEのメッセージを見るなどして過ごし、「“強くなった”と書いてありました。肉かおすしが食べたい」。目標とする具志堅用高の世界王座13度連続防衛についても「クリアしてスターになりたい」と改めて意欲を燃やした。

  • 会見で笑顔を見せる拳四朗=大阪市中央区(撮影・安元雄太)
  • 会見後にポーズをとる村田諒太(右)と拳四朗=大阪市中央区(撮影・安元雄太)
  • WBA世界ミドル級王者になった村田諒太(帝拳)(右)と、WBC世界ライトフライ級タイトル戦で6度目の防衛を果たした拳四朗(BMB)は、試合から一夜明けた会見で、勝利のツーショットにおさまった=大阪市(撮影・山口泰弘)