2019.7.13 05:03(1/2ページ)

八村、開幕ロースター入り“当確”!コーチ太鼓判「もちろん保証するよ」/NBA

八村、開幕ロースター入り“当確”!コーチ太鼓判「もちろん保証するよ」/NBA

プロ初の3点シュートを2本決めるなど、抜群の存在感をみせた八村(奥)。開幕ロースター入りも“当確” (共同)

プロ初の3点シュートを2本決めるなど、抜群の存在感をみせた八村(奥)。開幕ロースター入りも“当確” (共同)【拡大】

 米プロバスケットボール・NBAサマーリーグ第7日(11日=日本時間12日、ラスベガス・米ネバダ州)ウィザーズに入団したフォワード、八村塁(21)がホークス戦に先発し、31分50秒をプレーしてともに自己最多の25得点、9リバウンドと活躍。76-71の勝利に貢献した。若手選手の登竜門とされる大会は予選ラウンドが終了し、チームは2勝2敗で予選敗退。それでも八村はドラフト会議1巡目(全体9位)指名の実力を証明し、開幕ロースター入りに大きく近づいた。

 放たれた球が次々とリングへ吸い込まれた。八村がこの日チーム最多、そしてプロ入り後自己最多の25得点。熱気に包まれる会場内に「Rui」の名前が鳴り響いた。

 「ちゃんと結果を残せたと思うし、チームも勝ったので良かった」

 2日前のクリッパーズ戦には出場せず自身3戦目。見せ場は第3クオーター(Q)残り8分6秒だった。「毎日毎日、練習していることなので、自信を持って打った」。味方からパスを受けると、きれいな弧を描きリングを射抜いた。プロ入り後初の3点シュートだ。残り4分22秒にも2本目。大学時代よりゴールから遠くなった3点シュートラインの外から、鮮やかに決めた。

【続きを読む】

  • ホークス戦でプレーするウィザーズの八村(AP)
  • ホークス戦でドリブルするウィザーズの八村(左)=ラスベガス(共同)
  • ホークス戦でシュートを狙うウィザーズの八村(右)=ラスベガス(共同)
  • ホークス戦でパスを出すウィザーズの八村=ラスベガス(共同)
  • ホークス戦でドリブルするウィザーズの八村=ラスベガス(共同)
  • ホークス戦でボールを奪い合うウィザーズの八村(中央)=ラスベガス(共同)