2019.7.13 11:58

拳四朗が一夜明け会見「クリアしてスターになりたい」/BOX

拳四朗が一夜明け会見「クリアしてスターになりたい」/BOX

会見後にポーズをとる村田諒太(右)と拳四朗=大阪市中央区(撮影・安元雄太)

会見後にポーズをとる村田諒太(右)と拳四朗=大阪市中央区(撮影・安元雄太)【拡大】

 WBA世界ミドル級タイトルを奪回した村田諒太(33)=帝拳=と、WBC世界ライトフライ級タイトル6度目の防衛を果たした拳四朗(27)が13日、大阪市中央区のホテル日航大阪で一夜明け会見を行った。

 圧巻の2ラウンドKOで王者に返り咲いた村田は「パワーと気持ちの面で、自分のキャリアの中で一番いい試合でした。世界タイトルは自分1人じゃなく、みんなでつくるものだと思った」とベストマッチと位置づけ、支えてくれた周囲にひたすら感謝した。今後については「モチベーションを高く保てる相手を試合に臨みたい」と新たな目標を口にした。

 続いて会見に臨んだ拳四朗は、具志堅用高氏(64)の持つ日本の歴代世界王者最多連続防衛記録(13度)を意識。「13回というのは結構遠いけど、それだけ大きな目標があった方が頑張れる。クリアしてスターになりたい」と野望を語った。