2019.7.13 05:01

京口、拳四朗の勝利後の“挑発”に「意欲高まった」/BOX

京口、拳四朗の勝利後の“挑発”に「意欲高まった」/BOX

 プロボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ(12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪、観衆=6500)前王者で同級4位の村田諒太(33)=帝拳=が王者のロブ・ブラント(28)=米国=を2回2分34秒TKOで下し、9カ月ぶりに王座を奪還した。

 WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(25)=ワタナベ=はリングサイドで観戦し、「いつもよりもプロの試合だな、と感じた。見ていてもスリリングで、素直に強かった」と称賛。拳四朗の勝利後の“挑発”に「挑戦じゃないですよ。僕もチャンピオンなので。きょうの試合を見て、今まで以上に統一戦への意欲は高まった」と前向きだった。