2019.7.12 07:58

ハレプ、ラリーで打ち勝つ 決勝も「チャンスはある」/ウィンブルドン

ハレプ、ラリーで打ち勝つ 決勝も「チャンスはある」/ウィンブルドン

特集:
全英オープン
女子シングルス準決勝 エリナ・スビトリナと対戦するシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)

女子シングルス準決勝 エリナ・スビトリナと対戦するシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)【拡大】

 テニスのウィンブルドン選手権第10日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝は元世界ランキング1位で第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第8シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-1、6-3で下し、初の決勝進出を果たした。

 女子シングルスで元世界ランキング1位のハレプが同じく守備が堅いスビトリナ(ウクライナ)との長いラリー戦で打ち勝った。同種目のルーマニア勢で初の決勝へ駒を進め「全てのボールで戦おうと準備していた。芝で人生最高の試合の一つになった」と声を弾ませた。

 足腰が強く球足の遅いクレーコートが得意だが、ドロップショットやスライスをより使うようになり、球足の速い芝にも順応した。昨年の全仏オープンに続く四大大会2勝目は目前。元世界1位のS・ウィリアムズとの決戦へ「勝つチャンスはあると信じている」と気持ちを高めた。(共同)

試合日程へ