2019.7.12 19:52

川野と古賀、充実のメダル「結果を残せたのは自信になった」 男子20キロ競歩

川野と古賀、充実のメダル「結果を残せたのは自信になった」 男子20キロ競歩

 ユニバーシアード夏季大会第10日は12日、イタリアのナポリなどで行われ、陸上の男子20キロ競歩で川野と古賀が銀、銅メダルで続き、選手層の厚さを印象付けた。

 「きれいな動きで歩くこと」を目標に臨んだ川野は銀メダルだったが、狙い通りのレースに「失格せずに歩ききることができたので、それで満足です」とほほえんだ。

 古賀はトルコ選手との3位争いを制して、表彰台に上がり「歩型を保ってゴールして結果を残せたのは自信になった。ペースの上下も経験して対応できたのは大きい」と充実感をにじませた。(共同)