2019.7.11 18:49(1/2ページ)

【ウィンブルドンコラム】大坂なおみ、初戦敗退でも話題に セリーナの謝罪に神対応

【ウィンブルドンコラム】

大坂なおみ、初戦敗退でも話題に セリーナの謝罪に神対応

特集:
全英オープン
大坂なおみ
「セリーナと大坂が心温まる言葉をかけ合う」と題したハーパース・バザール誌(電子版)の記事

「セリーナと大坂が心温まる言葉をかけ合う」と題したハーパース・バザール誌(電子版)の記事【拡大】

 ロンドンのホテルでテレビをつけて、まず聞こえてきたのは「ナオミ・オーサカが…」「ナオミ・オーサカの…」という声だった。既に大坂なおみ(21)=日清食品=がウィンブルドンの初戦で敗れ、姿を消してから1週間以上たった今月9日のことだ。

 英公共放送BBCのウィンブルドン特集番組で、セリーナ・ウィリアムズ(37)=米国=が米国のファッション誌「ハーパース・バザー」8月号に寄稿したエッセーで明かした内容が話題になっていた。

 昨年の全米オープン決勝後の表彰式は、敗れたセリーナが試合中に審判に暴言を吐くなどしたことで、かつてないほど騒然としていた。四大大会初優勝を果たした大坂は、その雰囲気の中で涙を流し、「みんながセリーナを応援していたのを知っているから、こんな終わり方になってごめんなさい」とスピーチ。このことでセリーナは「大坂のグランドスラム初優勝を祝う大事な場を台無しにした」などと批判されていた。

 その後、眠れない夜が続き、ラケットを持つ気にもならなかったセリーナ。セラピーに通い、大坂に謝って、初めて心の平穏を取り戻した。そして、その謝罪に対する大坂の返事を読んで、涙をこぼしたのだという。

 「人は怒りを強さと取り違えることがある。その二つの区別がつかないから。あなたのように自ら立ち向かった人はいない。これからも先駆者でいなければいけないわ」(大坂なおみ)

 セリーナが主審の男女差別的姿勢に抗議したことを言っているようだ。

【続きを読む】