2019.7.10 19:18

八角理事長、白鵬と竜電は「立ち合いの違いだ」 朝乃山は3敗目/名古屋場所

八角理事長、白鵬と竜電は「立ち合いの違いだ」 朝乃山は3敗目/名古屋場所

特集:
白鵬
寄り切りで竜電を下した白鵬=ドルフィンズアリーナ(撮影・林俊志)

寄り切りで竜電を下した白鵬=ドルフィンズアリーナ(撮影・林俊志)【拡大】

 大相撲名古屋場所4日目(10日、ドルフィンズアリーナ)両横綱はともに新小結を難なく退け、全勝を堅持した。白鵬は竜電を寄り切り、鶴竜は阿炎を突き出した。

 大関陣は復帰した栃ノ心が大栄翔に元気なく押し出され、初日から4連敗と不振。豪栄道は北勝富士のはたき込みに屈し、星が五分に戻った。高安は先場所優勝の朝乃山を下手出し投げで下し、3勝目を挙げた。朝乃山は3敗目。

 勝ちっ放しは白鵬、鶴竜と平幕の友風、照強の4人。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「白鵬は圧力をかけながら休まなかった。立ち合いの違いだ。竜電にとって勉強になっただろう。立ち合いに押し込んでから攻めないといけない。鶴竜は足が前に出ていた。勝ってくると冷静に取れるものだ」

4日目結果へ5日目取組へ

  • 突き出しで阿炎を下した鶴竜=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)
  • 押し出しで正代を破った御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・林俊志)
  • 栃ノ心を押し出しで破った大栄翔=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)
  • 下手出し投げで朝乃山を破った高安=ドルフィンズアリーナ(撮影・林俊志)