2019.7.10 18:03

スキー連盟、アスリート委を新設 星野純子ら選任

スキー連盟、アスリート委を新設 星野純子ら選任

 全日本スキー連盟は10日、東京都内で理事会を開き、新設したアスリート委員会の委員にいずれも2014年ソチ冬季五輪代表で、フリースタイル女子モーグルの星野純子(リステル)、ノルディック距離男子の宮沢大志(JR東日本スポーツ)ら11人を選任した。任期は2年。

 アスリート委員会は日本オリンピック委員会(JOC)が各競技団体に設置を求めている。矢船保夫専務理事は「アスリートの意見をまとめて理事会で代弁してもらう」と説明した。