2019.7.9 23:10

ハレプ、堅実に4強入り「エネルギーはあふれている」/ウィンブルドン

ハレプ、堅実に4強入り「エネルギーはあふれている」/ウィンブルドン

特集:
全英オープン
女子シングルス準々決勝で張帥と対戦するシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)

女子シングルス準々決勝で張帥と対戦するシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)【拡大】

 テニスのウィンブルドン選手権第8日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、元世界1位で第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が世界50位の張帥(中国)を7-6、6-1で下し、5年ぶりに4強入りした。

 女子シングルス準々決勝で元世界ランキング1位のハレプは第1セットを競った展開でものにすると、第2セットは張帥を寄せ付けなかった。ミスの少ない堅実なテニスで2度目の4強入りを果たし「相手が力強いプレーをすることは分かっていた。厳しく戦った」と満足げだった。

 上位6シードが4回戦までに全て敗退し、第7シードのハレプよりも世界ランクで上の選手がいない状況。昨年の全仏オープン女王は初優勝へ視界が広がり「エネルギーはあふれているし、自信もある」と話した。(共同)

試合日程へ