2019.7.9 05:01

白鵬、朝乃山を一蹴「これでまた成長するでしょう」/名古屋場所 

白鵬、朝乃山を一蹴「これでまた成長するでしょう」/名古屋場所 

特集:
白鵬
白鵬(奥)に上手投げで敗れた朝乃山=ドルフィンズアリーナ

白鵬(奥)に上手投げで敗れた朝乃山=ドルフィンズアリーナ【拡大】

 大相撲名古屋場所2日目(8日、ドルフィンズアリーナ、観衆=7629)現役関取最年長の40歳、西十両11枚目安美錦(伊勢ケ浜部屋)が新十両の同12枚目竜虎(りゅうこう、21)に寄り倒された際、古傷の右膝を痛め、車いすに乗って引き揚げた。今場所は2連敗で、このまま休場すれば平成11年九州場所以来となる幕下陥落の危機に直面する。横綱白鵬(34)は5月の夏場所で平幕優勝を果たし初顔合わせの平幕朝乃山(25)を上手投げで退け、連勝発進。

 白鵬が横綱の貫禄を示した。先場所優勝し、今場所初日も大関豪栄道を下すなど勢いがある朝乃山を一蹴した白鵬が、不敵な笑みを浮かべた。

 「邪魔してやりましたね」

 余裕があった。立ち合いでがっちり当たると右を差し、左上手を引く万全の体勢。朝乃山に左上手を取らせず、前に出てきたところをタイミング良く上手投げを打って土俵に転がした。

 今場所前、出稽古に訪れた朝乃山を強烈な張り手で脳振とうを起こさせ、恐怖心を植え付けた。本場所でもまざまざと力の差を見せつけ、世代交代の予感を吹き飛ばした。

 取組後は朝乃山について「これでまた成長するでしょう」と期待を込めた。初顔合わせの若手に横綱の強さを思い知らせる。白鵬流の“かわいがり”である。 (月僧正弥)

★朝乃山、初金星ならず「横綱強い」

 白鵬への初挑戦で善戦及ばずはね返された朝乃山は、第一人者に脱帽した。右を差して寄るが土俵際で残される。得意の左上手が遠く、強引に出たところで左上手投げに屈し、「横綱は余裕があった。『まだまだだぞ』という言葉をたたきつけられたような思い。強い」と苦笑いしながら首をひねった。初金星が懸かる3日目の鶴竜戦に向け「思い切りいくだけ。爪痕を残したい」と気持ちを切り替えた。

2日目結果へ3日目取組へ

  • 朝乃山を上手投げで下す白鵬=ドルフィンズアリーナ(撮影・林俊志)
  • 朝乃山を上手投げで下す白鵬=ドルフィンズアリーナ(撮影・林俊志)
  • 白鵬は上手投げで朝乃山に勝利=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)