2019.7.5 15:04

ウルフ、朝比奈らが出場へ 柔道GPブダペスト

ウルフ、朝比奈らが出場へ 柔道GPブダペスト

 全日本柔道連盟は5日、グランプリ大会(12~14日・ブダペスト)の出場選手を発表し、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表勢では男子100キロ級で全日本王者のウルフ・アロン(了徳寺大職)、2連覇を狙う女子78キロ超級の朝比奈沙羅(パーク24)らが入った。

 世界選手権で2年ぶりの優勝を目指す女子48キロ級の渡名喜風南(パーク24)、男子では90キロ級の向翔一郎(ALSOK)と混合団体メンバーで100キロ超級の影浦心(日本中央競馬会)も派遣。男子66キロ級で五輪2大会連続銅メダルを獲得した73キロ級の海老沼匡(パーク24)も名を連ねた。