2019.7.4 05:03(1/2ページ)

打って打って打ちまくる!村田、12日ブラントと再戦「ぶん殴って倒す」/BOX

打って打って打ちまくる!村田、12日ブラントと再戦「ぶん殴って倒す」/BOX

ブラントとの再戦に向け、汗を流す村田(右)。王座奪回を誓った

ブラントとの再戦に向け、汗を流す村田(右)。王座奪回を誓った【拡大】

 プロボクシング前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が3日、東京・新宿区の帝拳ジムで、同級王者ロブ・ブラント(28)=米国=への挑戦(12日、エディオンアリーナ大阪)に向けた練習を公開した。昨年10月の対戦では大差の判定で敗れて王座陥落。リベンジに燃える村田は3分2ラウンドのスパーリングで開始から果敢な攻めを披露し、視察に訪れたブラント陣営を驚かせた。

 王座奪回に向け、再戦発表後では初公開した3分2ラウンドのスパーリング。村田は単発に頼らない手数の多さで、開始から攻め続けた。

 「勝つだけです。今回に限っては、絶対にリベンジしたい。ぶん殴って倒してやりたい」

 闘争本能をむき出しにした。スパーリングの相手を務めたアイザイア・スティーン(米国)は、13戦12勝(10KO)1無効試合の戦績。村田は無敗の“仮想ブラント”に対し、ロープ際に追い込んでの連打や上下の打ち分けなどを披露した。

 昨年10月にブラントと戦った2度目の防衛戦。大差の判定で敗れ、王座から陥落した。敗因は「ワンツーだけだった。パフォーマンスがふがいなかったです」。足を使ったブラントの攻めに押されっぱなしだった。再戦では果敢に仕掛けることで相手の手数を激減させる。

【続きを読む】

  • スパーリングを公開した村田諒太=帝拳ジム(撮影・山口泰弘)