2019.7.2 19:34

岩出玲亜、効率重視の「エコ」走法に磨き 「なんとしても東京を」/陸上

岩出玲亜、効率重視の「エコ」走法に磨き 「なんとしても東京を」/陸上

練習を公開 体幹を強化するメニューに取り組んだ岩出玲亜

練習を公開 体幹を強化するメニューに取り組んだ岩出玲亜【拡大】

 2020年東京五輪マラソン代表を決める9月15日の「グランドチャンピオンシップ(MGC)」に出場する女子の岩出玲亜(24)=アンダーアーマー=が2日、東京都内で練習を公開した。「なんとしてでも東京(五輪)を取りにいきたい」と力を込めた。

 米大リーグのマーリンズなどでコンディショニングコーチを務めた友岡和彦氏に昨年から師事。「効率的でエコ」(友岡氏)な体の使い方を磨いている。足の接地時間を短くすることを意識し、短距離選手が行うトレーニングを取り入れ、スピードが向上しているという。

 5月中旬から約1カ月間、米アルバカーキで高地合宿を行った。MGCのコースは試走済みで「ラスト勝負になる。いかにラストで動かせるか。ギアチェンジできるように」と見据えた。

  • コーチの指導を受けトレーニングする岩出玲亜(下)=東京都内