2019.6.21 21:18

村上茉愛、世界体操代表入り消滅「覚悟できていた」 内村航平の激励に感謝

村上茉愛、世界体操代表入り消滅「覚悟できていた」 内村航平の激励に感謝

特集:
内村航平
取材に応じる村上茉愛=21日、高崎アリーナ

取材に応じる村上茉愛=21日、高崎アリーナ【拡大】

 体操女子で5月のNHK杯を腰痛のために棄権したエース村上茉愛(日体ク)が全日本種目別選手権開幕前日の21日、群馬県の高崎アリーナで取材に応じ、世界選手権(10月、シュツットガルト=ドイツ)代表入りの可能性が完全に消え「覚悟ができていた。来年の東京五輪へ闘志に変えて練習したい」と話した。

 昨年の世界選手権個人総合銀メダルの村上はNHK杯を棄権したため、選考基準を満たせなかった。最終選考会を兼ねた今大会で高得点をマークすれば選出できるとする救済案は8日の日本協会の理事会で否決された。

 4月の全日本選手権で両肩痛もあって予選落ちした男子の内村航平(リンガーハット)からは「ゆっくり治して一緒に頑張りましょう」と激励されたそうで「いろんな方に手を差し伸べてもらい、村上が必要と言ってもらえたことが心の支えだった」と感謝した。

 リハビリ段階の今大会は跳馬に出場予定。「結果を狙いにいくのは難しいけど、元気で楽しく体操しているところを見せたい」と意気込んだ。

  • 取材に応じる村上茉愛=21日、高崎アリーナ