2019.6.20 20:10

女子選手増に「良い傾向」 存続の東京五輪ボクシング

女子選手増に「良い傾向」 存続の東京五輪ボクシング

 2020年東京五輪のボクシングについて、国際オリンピック委員会(IOC)が理事会で女子の出場枠の大幅増を決めたことを受け、大会組織委員会の森喜朗会長は20日、「とても良い傾向だ」と歓迎した。東京都内で報道陣の取材に答えた。女子の総出場枠は16年リオデジャネイロ五輪の「36」から「100」となった。

 IOCは国際ボクシング協会(AIBA)の組織運営を問題視し、東京五輪の準備を凍結していたが、理事会で予選方式なども承認した。24日からのIOC総会で正式決定する見通しで、組織委の武藤敏郎事務総長は「決まった段階で次の準備をしたい」と述べた。