2019.6.20 12:54

4階級制覇の井岡一翔、8月にも誕生する第1子は男の子/BOX

4階級制覇の井岡一翔、8月にも誕生する第1子は男の子/BOX

一夜明け会見を行った井岡一翔

一夜明け会見を行った井岡一翔【拡大】

 プロボクシングの日本男子で初めて世界4階級制覇を達成したWBO世界Sフライ級王者の井岡一翔(30)=Reason大貴=が偉業から一夜明けた20日、東京都内で会見した。千葉・幕張メッセで19日に行われた同級王座決定戦で同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=を10回TKOで破った井岡は「無事にベルトを取って、4階級制覇を達成できてホッとしている。これまでやってきたことを試合で出せことは成長であり力。それを実感できた」と改めて喜びをかみしめた。

 会場には再婚を予定している身重のパートナーも訪れていたという。プライベートには関してはこれまで多くは語らなかったが、「彼女もホッとしたと思う。年齢は1学年上の31歳です」と話した。結婚の時期については「まだ決めていないけど、またトレーニングなどで海外に行くので、日本にいるこの1カ月の間には済ませるつもりです」と笑顔で話した。

 また、生まれてくる第1子については「男の子です。予定日は8月下旬から9月の上旬。名前は今、考えています。字画とかもあるので」と照れながら話した。

 今後の試合については「日本ではとことんやってきた。ここで求めるものはないかな」と改めて海外で活動することを宣言。ただ、「流れに任せる。やらないといけないのならやる」と対戦を熱望しているWBO世界フライ級王者の田中恒成(畑中)の挑戦を受ける可能性があることも否定しなかった。