2019.6.18 05:01

京口、体格で圧倒「パワー見せる」/BOX

京口、体格で圧倒「パワー見せる」/BOX

予備検診を終え、ポーズをとるタナワット・ナコーン(左)、京口紘人=東京・五反田 (撮影・山田俊介)

予備検診を終え、ポーズをとるタナワット・ナコーン(左)、京口紘人=東京・五反田 (撮影・山田俊介)【拡大】

 プロボクシングのダブル世界戦(19日、千葉・幕張メッセ)の予備検診が17日、東京都内で行われ、WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴、WBA世界ライトフライ級王者の京口紘人(25)=ワタナベ=ら4選手とも異常なしと診断された。

 京口は挑戦者のタナワット・ナコーン(タイ)を9・5センチ上回る胸囲92・5センチ。リーチは1センチ長く、首回りは前回の予備検診から2センチアップした。試合前から体格面で圧倒し「数字通りのパワーを見せられれば。早く試合がしたい。相手の良さを出させずにKOで勝てれば」と初防衛に自信満々だ。ミニマムとライトフライ級で世界を制した2階級王者に死角なしだ。

  • 体格比較表