2019.6.17 19:27

38歳の藤原が韓国で29日に世界戦/BOX

38歳の藤原が韓国で29日に世界戦/BOX

初の世界戦に向け、ポーズをとる藤原芽子=神戸市

初の世界戦に向け、ポーズをとる藤原芽子=神戸市【拡大】

 ボクシング女子で東洋太平洋フェザー級王座を持つ38歳の藤原芽子(真正)が17日、神戸市内の所属ジムで記者会見し、今月29日に韓国・仁川で世界ボクシング協会(WBA)女子スーパーフェザー級タイトルマッチに臨むことを発表した。初の世界戦で同級王者の崔賢美(韓国)に挑む。

 3人の子どもを育てるシングルマザーの藤原は「最終ラウンドのゴングを聞くつもりはない。KOするか、されるかの覚悟でいく」と意気込みを語った。戦績は12戦8勝(3KO)2敗2分け。28歳の崔賢美は17戦16勝(4KO)1分け。