2019.6.16 21:09

世界選手権男子代表に村田、梅村/BOX

世界選手権男子代表に村田、梅村/BOX

 ボクシング男子の世界選手権(9月・ロシア)の代表選考会が16日まで東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、フェザー級は村田昴(自衛隊)、ライトヘビー級は梅村錬(拓大)が代表に選出された。

 4月のアジア選手権バンタム級代表だった村田は「世界選手権ではメダルを取りたい。東京五輪で金メダルを取れるように頑張っていく」と意気込んだ。梅村は「チャンスをいただいたことに感謝。恩返しできるようにメダルを取りたい」と笑みを見せた。

 2016年リオデジャネイロ五輪代表のライト級成松大介(自衛隊)、ウエルター級で4月のアジア選手権準優勝の岡沢セオン(鹿児島県スポーツ協会)らは既に世界選手権代表に決まっている。