2019.6.14 05:00

棚橋弘至、自著出版記念のサイン本お渡し会「血が通った本になっている」

棚橋弘至、自著出版記念のサイン本お渡し会「血が通った本になっている」

自身の著書「カウント2.9から立ち上がれ」の出版記念イベントに登場した棚橋弘至氏

自身の著書「カウント2.9から立ち上がれ」の出版記念イベントに登場した棚橋弘至氏【拡大】

 新日本プロレスの棚橋弘至(42)が12日、東京都内で新刊の自著『カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』(価格1512円、マガジンハウス刊)の出版を記念したサイン本お渡し会を行った。

 棚橋は「チャンピオン(IWGP王座)からはずれて、ケガで苦しんだところから復活までを書いており、生々しくより血が通った本になっている」とPR。本イベントには定員200人のところ、大多数の応募があり、棚橋人気の高さを証明した。本書はプロレスを通して、決してあきらめない仕事術&生き方を伝授する一冊だ。