2019.6.13 14:54

堀口恭司がマンハッタンで公開スパー、コールドウェルと対面

堀口恭司がマンハッタンで公開スパー、コールドウェルと対面

堀口恭司(C)CoCoKARAnext

堀口恭司(C)CoCoKARAnext【拡大】

 6月14日(日本時間15日)に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでベラトール・バンタム級タイトルマッチ(Bellator222)に臨む総合格闘家の堀口恭司(28)が試合会場の目の前に設けられた特設練習場で、公開練習を行った。

 「ベラトールで、アメリカで戦えることがすごくうれしくて、そしてタイトルマッチにすぐ抜擢(ばってき)していただいて光栄です」

 王者のダリオン・コールドウェルと対戦する堀口は、フロリダ「アメリカン・トップ・チーム」のコーチで、UFC等、数々の格闘技団体で活躍したマイク・ブラウン氏を相手に打撃やフットワークを披露。「仮想コールドウェル」として、同僚のジョシュア・スミス選手を相手に立ち技、寝技、レスリングなどを行い、順調な仕上がりを見せた。

 公開練習の後には試合前会見でコールドウェルと対面。昨年12月31日に「RIZIN.14」で対戦して以来だ。

 和やかな雰囲気だったが、「コールドウェル対策でいろいろと分析をしていた中で、あのようなギロチンで負けているところを見ていたので、それを自分もやろうと思って練習してきました」と自信を見せた。