2019.6.12 19:10(1/2ページ)

田中教仁、春口直也と初防衛戦「全力でたたきつぶす」/BOX

田中教仁、春口直也と初防衛戦「全力でたたきつぶす」/BOX

 プロボクシングの日本ミニマム級タイトルマッチ(13日、後楽園ホール)の前日計量が12日、東京都内で行われた。初防衛を目指す王者・田中教仁(34)=三迫=はリミットの47・6キロ、挑戦者で同級8位の春口直也(29)=橋口=はリミットを300グラム下回る47・3キロで、ともに一発でパスした。

 王者の田中は初防衛とリベンジに燃えた。2人は2度目の対戦。2017年5月の試合では序盤に田中が2度のダウンを奪ったが、春口が持ち直して挽回。僅差の判定で敗れた。「ぶっ倒します。文句のつけようがないようにしたい。全力でたたきつぶす」とKO決着を宣言した。「仕上がっている。状態は良い。コンディションはバッチリ」。1度引退し、復帰2戦目だった前回とは仕上がりが違うと自信をみせた。

 前回は春口の地元で所属ジムがある鹿児島での試合だったが、今回は田中の地元の“聖地”開催。ホームの応援を背にリマッチを制す。

【続きを読む】