2019.6.12 18:44

京口、初防衛戦へ気合い「KO勝ちしたい」/BOX

京口、初防衛戦へ気合い「KO勝ちしたい」/BOX

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が12日、東京都内の所属ジムで同級10位タナワット・ナコーン(タイ)との初防衛戦(19日、千葉市幕張メッセ)に向けた練習を公開し「100パーセントの自信がある。KO勝ちしたい」と語った。

 スパーリングでは得意の左ボディーや鋭い右フックで攻め、ミット打ちなどで約1時間半調整した。渡辺均会長は「ライトフライ級の最強に一番近いのでは」と手応えを話した。

 5月にはフィリピンで合宿。高温多湿な環境で上の階級の選手とスパーリングを積み、サウスポーのナコーンに有効な右パンチを磨いてきた。昨年末に2階級制覇を果たした25歳の王者は「僕にしかできない面白いボクシングを見せる」と意気込んだ。