2019.6.8 18:07

英紙「ナダルは凄まじい強風の中、手堅い内容でフェデラーを打ち負かした」/全仏テニス

英紙「ナダルは凄まじい強風の中、手堅い内容でフェデラーを打ち負かした」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
男子シングルス準決勝 サーブを放つラファエル・ナダル=パリ(共同)

男子シングルス準決勝 サーブを放つラファエル・ナダル=パリ(共同)【拡大】

 テニス・全仏オープン第13日(7日、パリ)男子シングルス準決勝で3年連続12度目の優勝を目指す第2シードのラファエル・ナダル(33)=スペイン=が四大大会通算20勝を誇る第3シードのロジャー・フェデラー(37)=スイス=を6-3、6-4、6-2で下し、決勝に進んだ。

 英紙「ザ・ガーディアン」(電子版)は7日(日本時間8日)、「ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラーをストレートで退けて全仏オープン決勝進出」との見出しを打って、「ナダルは凄まじい強風の中、手堅い内容でフェデラーを打ち負かした」と伝えた。

 同紙はこの日行われた準決勝のもう1試合、第1シードのノバク・ジョコビッチ(32)=セルビア=と第4シードのドミニク・ティエム(25)=オーストリア=が雨天のため、試合途中で8日に順延になったことを受けて、9日に予定される決勝を前に一日のオフを挟んで休養できるナダルが有利であると指摘。「決勝で対戦する選手より1日長く休めるナダルは、より自信を持って臨むことができるだろう」とした。

大会日程へ

  • 男子シングルス準決勝でロジャー・フェデラーに勝利し、ガッツポーズするラファエル・ナダル=パリ(共同)
  • 男子シングルス準決勝でロジャー・フェデラー(右)を破ったラファエル・ナダル=パリ(共同)